被災地の高校生と交流

0
    教育文化会館にて2時から「高橋敦浩さんを囲む会」と題して、岩手県、陸前高田高校3年、高橋敦浩さんの公演を聞きました。


    高橋さんは震災当日とその後の経過、仮設住宅での暮らし、学校生活、長崎との関わり、第15第高校生平和大使の活動など、様々なことを話してくださいました。また、今日は11日ということで震災が起きた2時46分に全員で黙祷をしました。

    高校卒業後は岩手大学で心理学を学び、それを生かした新しい防災対策についての研究をしたいとのことでした。
    最後に被災地を実際に訪問した大人の方から入学祝いをもらい、会が締めくくられました。


    以下、公演を聞いた1年生の感想です( ω )↓

    長崎では、なかなか被災者の生の声をお聞きすることはできまさないので、今日の講演は、非常に貴重な体験となりました。
    もし、私の家族や友人が、今いなくなったら、私は独りで、生き抜くことができるだろうか、と東日本大震災の恐怖を痛感しました。
    震災から、来月で三年になりますが、だんだんと日本人の記憶が風化していると私は感じます。日本中の、いや世界中の人々が、被災者の生の声を聞くべきです。そして、まだまだ復興が進んでいないことを理解し、少しでも支援をしていくべきです。
    高橋さん、今日は本当にありがとうございました。これからも、平和を願う者同士、世界に平和を訴えていきましょう。

    この感想のことをメンバー全員が思っていると思います。これからも被災地と協力して平和への取り組みをしていきたいです!


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM